Home > スポンサー広告 > 大会のルール・マナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/85-ae7aff4c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Keio University Chess Club

Home > スポンサー広告 > 大会のルール・マナー

Home > Contents > 大会のルール・マナー

大会のルール・マナー

  • Posted by: NAKAMURA
  • 2011-06-25 Sat 14:04:51
  • Contents
  • Edit
大会に初めて参加される方も多いと思うので、
簡単に大会での基本的なルールとマナーをまとめておきます。


タッチ&ムーブ
自分の手番のときに最初に触った駒は、必ず動かさないと(または取らないと)いけません。
また、動かす駒をマスに置いて手を離したら、時計を押す前であっても、別のマスに動かすことはできません。

駒の位置がずれていて直したい場合は、対戦相手に「直します」と断った上で駒に触れることができます。


時計の押し方
時計は必ず、駒を動かすのに使った方の手で押さなければいけません。


ドロー・オファーの仕方
対戦相手に引き分けを提案する場合(ドローオファー)は、次の手順で行います。

 1.(自分の手番で)次の手を指す
 2. 時計を押す前に「ドロー」または「ドローにしませんか?」と声を掛ける
   (このとき、両手の人差し指をクロスさせて示すと良い)
 3. 時計を押す

ドローを受ける場合は、ドローの意思表示をして(「ドローにしましょう」と言うなど)、時計を止めます。
ドローを蹴る場合は、無視して次の手を指す、または「もう少し続けましょう」などと声を掛けます。


投了の仕方
特に決まっていませんが、投了の意思を相手にはっきりと伝えましょう。
(例:時計を止めて「参りました」と宣言する;キングを倒す)


トラブル
トラブルや反則があった場合は、すぐに時計を止めて、アービター(審判)を呼びます。
その後、アービターの指示に従ってください。


携帯電話
携帯電話の電源は必ずオフにしてください。
試合中に鳴った場合は、無条件で負けとなる場合があります。


握手
対戦相手と握手をしてから試合をはじめ、試合が終わったらまた握手をしましょう。


Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/85-ae7aff4c
Listed below are links to weblogs that reference
大会のルール・マナー from Keio University Chess Club

Home > Contents > 大会のルール・マナー

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。