Home > 未分類 > ジャパンリーグレポート

ジャパンリーグレポート

  • Posted by:
  • 2015-08-23 Sun 05:53:40
  • 未分類
  • Edit
こんにちは。2年の佐野です。先日の8月13日から16日にかけて行われたジャパンリーグについて報告します。
当サークルからは小林、勝田、佐野が参加しました。
ジャパンリーグは日本では数少ないFide公式戦で、試合時間が90分30秒と長い上普段より海外のプレーヤーが多かったのが印象的でした。
そして今年は、中国からGMであるZhao Xueが大会参加,Ni Huaがレクチャーと同時対局を行う豪華な大会となりました。

以下、自分の試合を振り返ります。

1R G君 黒番
いきなり2000オーバーとあたりビビりました。定石はニムゾになり十数手でマイナーピース2つを交換し局面はほとんどイコールに。ところがこっちが受けをミスりポーン形が悲しい事に。結果、ピースダウンにつながり負け。もったいない敗戦でした。

2R Gさん 白番
ダッチになりそれっぽく指しているうちにこっちがピースをタダで落とす糞ブランダーを指す。その後何故か1ポーンダウンのビショップエンディングになったが結果敗戦。猛省の試合でした。

3R Kさん 黒番
定石は事前情報通りコーレに。猛攻に晒され苦しい展開だったがクイーン交換した事でだいぶ楽に。そのままエンディングで盛り返して勝ち。かなり気持ちが楽になりました。

4R Fさん 黒番
公式戦で初めて初手d6を試す。フィリドールような形になり途中1ポーンアップしルークエンディングに突入。はじめは勝てるとタカをくくっていたがどんどんポジションが固まりドローに。エンディング難しいです。

5R M君 白番
URのかわいい少年と。何事もなく1ポーンアップしたと思ったが相手がエクスチェンジを差し出したのでエクスチェンジアップに。そのまま押し切り勝ち。

6R Sさん 白番
オープニングで成功したと思い(実際はほぼイコール)Kサイドアタックを試みるがオープンファイルであるcファイルから反撃を許し苦しい形に。それでもまだイコールだったらしいが我慢できずこっちが消極的な手を指しそれが敗着に。一番悔しかったです。

7R Kさん 黒番
定石はピルツのオーストリアンアタックに。途中まで相当苦しかったが、いい具合にカウンターを入れこっちがWビショップを持ち相手がkサイドアタックをする弊害でf,gポーンを突いていたためキング前がスカスカに。優勢を確信しながら指していたら相手の時間が落ちて勝ち。
 
結果3.5ポイントでAクラス同時優勝となり入賞しました!もちろん入賞は嬉しかったですが、上との差を痛感した事の方が大きかったです。そして今回ついたfideレートに比べまだまだjcaレートは低いので、せめて同じ位にはなるように上げていきたいです。チェス漬けの4日間でしたが、結果的に賞金もレートも稼げて大満足の大会でした。大会は出る分疲れるけどそのぶん得るものも大きいと改めて感じました。

長々と書いてきましたが優勝は6ポイントでOBの小島さんの単独優勝でした。GMを抑えての優勝おめでとうございます!
最後に今大会の写真を貼って終わりにしたいと思います。お疲れさまでした!


150815_28.jpg

Aクラス入賞者

150815_29-1.jpg
 
オープンクラス入賞者

150815_30-1.jpg

GMと引き分けた人に送られる特別賞の受賞者

写真は今日はチェス曜日から拝借しました。川中さん、ありがとうございます!



Comments: 2

Shinya Kojima URL 2015-08-23 Sun 21:47:31

差し置いてじゃなくて、抑えてな(笑)

Sano URL 2015-08-24 Mon 01:39:59

直しましたw
ありがとうございます!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/294-75cdc8f4
Listed below are links to weblogs that reference
ジャパンリーグレポート from Keio University Chess Club

Home > 未分類 > ジャパンリーグレポート

Return to page top