Home > 未分類 > クラブ選手権 慶應B

クラブ選手権 慶應B

  • Posted by: 古谷
  • 2014-09-18 Thu 15:41:10
  • 未分類
  • Edit
お疲れ様です、古谷です。
今年も盛り上がりましたね。慶應Cは伊藤くんが書いてくれたので、慶應Bの様子を簡単に振り返っていきます。
写真は前の記事にたくさん載っているのでこちらは文章のみで(手抜き)

~チーム編成~
今年は現役中心のチームは2チーム組むことになりました。
1年生が4人集まってくれたので1年生チームと上級生チームで組むのを基本線に、byeのボードが出ないよう調整しました。
その結果が以下のような2チームです。

上級生チーム(慶應B):古谷、勝田、三重野、吉木、足立(2試合のみ)
1年生チーム(慶應C):二瓶、藤原、佐野、伊藤、岡部(2試合程度)

慶應Bの目標は、入賞(3位以内)としました。

~初日~
1R vs慶應C
いきなり慶應Cと当たってしまいました。まあリストの問題なのでしょうがないです。
私のみOBの岡部くんとの試合で、あとの3人は後輩と試合していました。
勝田が二瓶くん相手に怪しくなりつつもごまかして勝ち、私も怪しい試合を制して4-0で勝ちました。

2R vs麻布OB
ここで今大会の覇者である麻布OBと。今回当たった中では最も強いチームでした。
私は桑田さんにタクティクスを決められて負け。あとの3人は格上相手によく戦っていましたが、結局は全敗しました。

3R vs筑波
合宿や交流会で見知った相手である筑波は、実力よりレートが低く付いている危険な集団としても有名です。
私はAさんに主導権を握られ続け、負けすれすれのところでごまかしごまかしの勝ち。
苦しむ私の横ではチームメイトの3人が優勢を得ていました。試合前は苦戦が予想されましたが結果的には4-0に。

初日を2.0P/3Rで折り返したのは上々でした。
4Rの相手である東北Aは、チーム力でも個人個人でも互角に近い相手であり、夜は各々が対策に追われました。

~2日目~
4R vs東北A
全員が勝ちから負けまで考えられる相手であり、正念場だと思って臨みました。
私はUさんにやや優勢な局面を築くものの、チャンスを活かせずドローに。チームとしては結局1.5-2.5の僅差で負けてしまいました。
しかし吉木くんは格上のHさんに勝ちましたし、三重野くんも個人入賞のMさんを相手にかなり健闘していたので、得るものは多いラウンドだったはずです。

5R vs麻布B
伸び盛りの高校生チームとの対戦。私だけ東大1年のYくんが相手でした。
吉木くんが下に負けて4Rで得たレートを放出していましたがあとの3人は勝ち3-1で勝利。三重野くんに代わって出た足立くんもきっちり勝ちました。

6R vs東北C
東北は選手層が厚くて羨ましいです。私はKさんにフレンチを指され、なぜか無対策だったので混乱して2.Qe2とか指しましたがなんとか勝ちました。
隣では勝田がフレンチのPoisoned Pawnから派手な攻撃を決めていました。ここはみな最後の力を出し尽くして4-0での勝利。


ということで慶應Bは6ラウンド中4ポイントを取り、4位になりました。スタート順位が10位だったので、入賞は叶わなかったものの好成績といえるでしょう。
チームメイトの4人は確実に去年より強くなっていましたね。私も久々の大会でしたが集中して指せたので安心しました。
慶應Cの試合は余裕がなさ過ぎてあまり見れませんでしたが、1年生はみなしっかりポイントを稼いでいましたし、公式戦でも戦えていたと思います。今後も経験を積んで慶應チームの主力選手になっていってほしいです。

ちなみに優勝チームは、当サークルOBの桑田さんが1番ボードを務めた麻布OBでした。おめでとうございます!

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/270-2e477989
Listed below are links to weblogs that reference
クラブ選手権 慶應B from Keio University Chess Club

Home > 未分類 > クラブ選手権 慶應B

Return to page top