Home > スポンサー広告 > 東京オープン2013

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Wada.H URL 2013-10-16 Wed 23:54:20

更新お疲れさまです(*^_^*)
ドローオファーについての記事、興味深かったです(笑)使うかどうかは別として、頭の片隅に入れときます。
一つ目の解説の白の手が思いつかないのでレクチャー行きます♪(もちろん、行く前に見つかるように頑張ります(^^;)

Kobayashi URL 2013-10-19 Sat 12:24:50

Wadaさんコメントありがとうございます!
ドローオファーとかはそこらへんも戦略の一部として扱えるようになると、もっとチェスが楽しめるようになると思います(^_^)
あと例の問題は難易度的にはかなり高いですが、チェスの基本にそって考えてもらえればいいと思います。(ヒント:相手は序盤にクイーンを何度も動かしていますが、果たしてそれはいいことでしょうか?)

Shinya Kojima URL 2013-10-22 Tue 04:46:26

ドローオファーの狙いについては色々あって良いと思うけど、この記事を読む限りは、まだ若いプレーヤーの考え方だなという気がするな。帰国したらこの辺りも教えるし、暁さんらと話をしても新しい発見があると思うよ。

Kobayashi URL 2013-10-22 Tue 11:07:23

小島さんお忙しい中コメントありがとうございます。
小島さんがIMを取得し日本に帰国された際にはご指導よろしくお願いします、またその日を心待ちにしています!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/229-e54ecf1c
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Keio University Chess Club

Home > スポンサー広告 > 東京オープン2013

Home > Tournament > 東京オープン2013

東京オープン2013

10月の12,13,14日に三連休に開かれた東京オープンに2年の自分と4年の勝田さんと3年の南條さんが当サークルからでました。
今回の大会は90分+一手30秒といつもより長い試合を一日2試合のペースで行いました。
以下自分の試合について振り返りながら、大会の結果と合わせて書きます。
1R:白で麻布の後輩のW君(1809)、とりあえず秋から試している1.d4の犠牲になってもらい、下に試合を載せておきました。(あとW13日は誕生日おめでとう!)

2R:黒で麻布の先輩のTさん(1954)、この人はあまり定石知らないので、普段は指さないけどシャープな定石であるアクセラドラゴンを指しすぐに黒勝勢にできたのですが・・・詳しくは下の解説で、結果は勝ち

3R;前日に当たりをみるとJCAレート1645(仮)のAさん(イギリス人)に白とのこと。外人プレイヤーには外れも多いので警戒し、名前をChessBaseなどで調べてみるとFIDE2280のFMの方がHit・・・いやまさか同姓同名とかだろとか思いながらもご本人のとき急造のd4では敵わないと思い、e4の封印を早速解くことにし研究開始。
データによるとシシリアンクラシカル(e4 c5 Nf3 d6 d4 xd4 Nxd4 Nf6 Mc3 Nc6)と判明したのでしっかり用意して就寝。
試合会場に来て相手を見てみるとChessBaseにのってた1999年の写真に写っている方とたしかに似ている気がする・・・いざ試合してみると1.e4 c5 おや 2.Nf3 d6 これは 3.d4 xd4 もしや 4.Nxd4 Nf6 ・・・5.Nc3 Nc6! はいご本人様ですありがとうございました。まあ研究はしておいたのですが普通に強くて力負けしました。

4R:黒で近頃女子選手権で優勝されるなど絶好調のUさん(1915)、昔自分が教えたルイ・アルハンゲルのドローラインを指され十分経たないうちにドローポジションのエンドゲームにw
しかしそのポジションは事前に調べてまくっていて、いくつか用意していた罠の一つにはまってもらい途中怪しいところもありましたが勝ち。

5R:前日の情報だと白でNさん(2007)とのことで調べてから寝たはずが・・・1時くらいに起きてしまいほかの方のブログ更新されてるかな~とFacebookみると、5Rのあたり変わりましたとの情報が!しかも自分も黒番でAさん(2260)に変更とのことで、プリパレーションやり直し始め結局寝たのは3時という(2013東京オープン深夜ペアリング修正事件)・・・そして次の朝いざ指すとまさかAさんがメインでくるとは思ってなかったといった感じで、酷い負け

6R:白で娘さんが観戦に来てたと思われるTさん(1806)、d4を指すものの苦手のモダンで結局e4定石になり、序盤、中盤と全く主導権が取れないままでしたが、終盤何とか手を作りワンポーンアップのルークエンディングをつくるが・・・詳しくは下の解説で、一応相手のミスで勝ち

結果的には自分が3Rに当たったFMの方が5Rで南條さんとの直接対決で制し、それ以外の方からは全勝だった南條さんと5ポイントで同時優勝でした、そしてそのFMの方からドローをとったお二人方が4.5ポイントで3,4位でした。(自分は一歩及ばず4ポイントの5位)
また勝田さんは格上の方からポイントを奪うupsetを連発し上の人からレートを奪い取る詐欺レートぷっりを発揮し、Bクラスで2位入賞されました。

以下ゲーム解説







大会に参加された方々は長い試合本当にお疲れ様でした、また次回の大会でもよろしくお願いします!
また大会の後には慶應義塾大学環境情報学部にAO入試での合格を決めた唐堂君の合格を祝って打ち上げをしました♪

IMG_7681108428175.jpg

唐堂本当に合格おめでとう!(また慶應が強くなってしまった?)

Comments: 4

Wada.H URL 2013-10-16 Wed 23:54:20

更新お疲れさまです(*^_^*)
ドローオファーについての記事、興味深かったです(笑)使うかどうかは別として、頭の片隅に入れときます。
一つ目の解説の白の手が思いつかないのでレクチャー行きます♪(もちろん、行く前に見つかるように頑張ります(^^;)

Kobayashi URL 2013-10-19 Sat 12:24:50

Wadaさんコメントありがとうございます!
ドローオファーとかはそこらへんも戦略の一部として扱えるようになると、もっとチェスが楽しめるようになると思います(^_^)
あと例の問題は難易度的にはかなり高いですが、チェスの基本にそって考えてもらえればいいと思います。(ヒント:相手は序盤にクイーンを何度も動かしていますが、果たしてそれはいいことでしょうか?)

Shinya Kojima URL 2013-10-22 Tue 04:46:26

ドローオファーの狙いについては色々あって良いと思うけど、この記事を読む限りは、まだ若いプレーヤーの考え方だなという気がするな。帰国したらこの辺りも教えるし、暁さんらと話をしても新しい発見があると思うよ。

Kobayashi URL 2013-10-22 Tue 11:07:23

小島さんお忙しい中コメントありがとうございます。
小島さんがIMを取得し日本に帰国された際にはご指導よろしくお願いします、またその日を心待ちにしています!

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/229-e54ecf1c
Listed below are links to weblogs that reference
東京オープン2013 from Keio University Chess Club

Home > Tournament > 東京オープン2013

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。