Home > スポンサー広告 > 2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

つたゆっきー URL 2013-06-17 Mon 22:37:52

試合&記事の方、お疲れ様です。
次はお互いにサマーオープンでAクラス優勝を目指しましょう。

SCC渉外 URL 2013-06-18 Tue 15:28:43

ブログ更新お疲れ様です。

(紙コップやら画用紙やらと戯れていたせいで、対局の観戦もせず表彰式も出ませんでしたが、)参加者の皆さんお疲れ様でした&入賞された南條さん、おめでとうございます!

打ち上げではなかなか的確な(?)突っ込みを入れながら、うまくいじられるのを回避していらっしゃいましたね。次回はokabeさんももっといじって頂けるようH様にお伝えすることにしましょう(笑)

OKABE URL 2013-06-18 Tue 21:11:55

>>かったさん
コメントありがとうございます、観戦コース、だったのでしょうか、お疲れ様でした。
ともかく同時優勝ですね、是非宜しくお願いします♪

>>SCC渉外様
コメントありがとうございます、工作員コースお疲れ様でした。
次回はまたすぐのようですが、渉外だけにどんな情報操作をされ、いかにいじりを回避されつつ、他の方をいじるように仕向けられるのか期待しております♪

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/160-14ba6740
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Keio University Chess Club

Home > スポンサー広告 > 2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~

Home > Tournament > 2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~

2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~

  • Posted by: OKABE
  • 2013-06-17 Mon 17:02:35
  • Tournament
  • Edit
こんにちは、6月15日と16日にかけて行われました全日本快速選手権に2日コースでしっかりと参加してきましたので、その模様や個人的なまとめをお送りします。
当CCからは、南條さん(経3)、吉木くん(法2)、自分(岡部・文4)が参加いたしました。

また写真は全てサイズが大きくてここにはアップできなかったので、こちらでどうぞ。

では始めさせていただきます。

。*゜†゜。゜。*゜†゜。゜

今回の会場も例年通りの大田区民センターでした。
対局室が5階で検討室が4階と、少し珍しかったですかね。

今回の参加者の内訳も実に珍しいことになっていまして、JCAレートが、
2000以上:6名(当CCからは1名でした。)
1500以上2000未満:10名
1000以上1500未満:13名(当CCからは2名でした。)
1000未満:3名
レートなし:2名
の計34名ということで、クラス分けも
Aクラス:1236~1775
Bクラス:1218以下
と、やはり珍しいことになっていました。
つまり1238の自分は今回最低でもBクラス入賞を狙っていたのですが、会場に着いてみたらリスト21位でまさかのAクラスだったわけですね。
てか2年前は参加者が10名って何があったのでしょう、、、

さて、早速各試合を振り返ってみます。
が、その前に、昨年の快速選手権で自分は1.5pで同率最下位だったわけですね。
今年はこれを上回ることは果たしたいところでした。

ではTwitterでも流行りの(え)各試合まとめです。
文末のポイント数は通算です。

・15日
1試合目(白vs偉大なOB権田様):中央にいるナイトの効きを無視して追い風と感情の向く方へ駒を進めたのでピースダウン、そのままメイトスレットが止まらなくなったので19手でresign、0p。
2試合目(黒vs中学生のYさん):的確にキングの前を攻められ、かなり危なくなったところから、あちらの守備面での見落としからカウンターを入れたら30手でメイト、1p。
3試合目(白vs昨年もお世話になったS様):ゆっくりと展開しながら互いに攻め合うものの、あちらの攻めが実に的確で、メイトスレットが止まらなくなったので38手でresign、1p。
4試合目(黒vs昨年もお世話になったKさん):序盤でのポーンアップに気づかずキャスリングするも、少しずつあちらのポーンを取り、35手でメイトを見逃す(をい)も、最後はルークもビショップも得した状態でシンプルにポーンも昇格させてメイト、2p。
→まずは1日で昨年の1.5pを上回ることができました。
v(^ ^;)

・16日
5試合目(白vsまだ公式戦は4試合で仮レートながらどうやら今大会最大の詐欺レートだったらしいMさん):ナイトが取られたのをすぐ取り返すとポーンを落とすので、Zwischenzugからの取り返しということで連続チェックを入れるも、中央にいるナイトの効きを無視して追い風と(中略)、そのまま自分の手を指した後にナイトフォークが視えたので、27手目でresign、2p。
6試合目(黒vs昨年のゴールデンオープンでもお世話になったM様):1.c4から使い慣れたはずの定跡に持っていくも、見たことのない方向へ動き出し、端っこのナイトとルークが全く何もできなくなって、33手でメイト、2p。
7試合目(白vsだいぶ苦戦されていたZ様):少しずつ駒を得しながら、メイトスレットにチェックを入れてカウンターを凌ぎながら、最後はビショップによって31手でメイト、3p。
8試合目(何故か白vs以前三田祭に来てくださったUさん):少しずつ駒を得しながら、最後は相手のキングを追い回して53手でメイト、4p。
→この日も前日と同じミスをしながら2pを獲得、計4pで無事昨年より良い成績を残すことができました。

。*゜†゜。゜。*゜†゜。゜

他の部員は
南條さん:負けなしの7.5p
吉木くん:新定跡を試していたこともあって1.5p
でした。
南條さんは優勝おめでとうございます。

ということで、表彰式です。
まずは6月29日から7月6日まで韓国・仁川で開かれる、第4回アジアインドア・マーシャルアーツゲームズの出場選手の皆さんが挨拶されました。
当CCからはOB小島さんと南條さんが出場されます。
是非決勝まで残っていっぱい指してきてくださいませ♪
(*^-^*)

次に1日コースで3p以上だった方に賞品のチェスノート(記録用紙のバインダー)が授与されました。
続いて2日コース、まずBクラス優勝は、初日1.5p、2日目全勝で4p、計5.5pを獲得された東大CCのわったーさんでした。
またAクラス優勝は、初日1.5p、2日目全勝で(中略)わったーさんでした。
8試合目は序盤から圧倒した鮮やかな試合だったということで、棋譜と解説がきっと東大CCさんのブログに上がることでしょう、おめでとうございます。

このように、今大会では番狂わせも多く起こったように感じます。
3試合目のS様が「レート600差は在って無いようなもの」と仰ってましたが、確かにそんな感じはありました。
快速だからですかね。

なお自分はレートが上の方には5戦2勝、下の方には3戦2勝で、順位は全体では18位、もしBクラスなら3位のようでした。
つまりレートがあと20以上低ければ入賞できたようです。
が、S89ではおそらく上がる見込みなので、今後の大会でもAクラスに振り分けられる危険性十分であります♪

少し脱線しましたが、2日コース総合優勝は南條さんと、改めておめでとうございました。

表彰式の最後は、いや、気が付いたら表彰式は終わってましたね。
大会中もスタッフさんの「始めてください」の声が聞こえたり聞こえなかったりで、他の盤を見ながら「これ始めてええとちゃう?」のような感じでばらばらと対局が開始されていましたので、我々はもう少しスタッフさんに注目するか、耳を澄ましておくか、早めに準備を終えて静かにしているか、拡声器をお渡しするか(なんだそれ)、まぁ、何かしらの対策を取る必要があるようです。

。*゜†゜。゜。*゜†゜。゜

さて、8試合目の頃から表彰式の間、検討室では何だか紙コップや色画用紙や駒のプリントされた紙で工作をされていらっしゃる方々がいらっしゃいました。
6月30日に行われるあるイベントで使われるようですので、ってあまり当CCは関係ないので、ここではスルーしておきます。
なお南條さん曰くその方々は工作員で、大会参加者を拉致にしに来たとのことでした。
確かに打ち上げコースへ拉致された方々もいたかもしれません。
皆さん無事ご自宅へお帰りになれたのでしょうか、、、?
(- -?)

あ、今回は打ち上げコースの方も多かったですね。
観戦コースやブリッツ大会コースの方もいらっしゃったりして、多くの方が自分なりに楽しめた大会だったと思います。
自分は夕食コースでパスタをいただきましたが、同じテーブルだった8x8CCさんのH様がいつも通り東大CCわったーさんとSCC渉外さんをいじりまわされるのを楽しく眺めてました、すみません。(こら)

以上、参加された方も運営された方も(そして残念ながら参加できなかった方も、)皆様お疲れ様でした&ありがとうございました。
またいつも通りの長駄文に最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
今後もどうぞ宜しくお願いします。
m(. .)m

Comments: 3

つたゆっきー URL 2013-06-17 Mon 22:37:52

試合&記事の方、お疲れ様です。
次はお互いにサマーオープンでAクラス優勝を目指しましょう。

SCC渉外 URL 2013-06-18 Tue 15:28:43

ブログ更新お疲れ様です。

(紙コップやら画用紙やらと戯れていたせいで、対局の観戦もせず表彰式も出ませんでしたが、)参加者の皆さんお疲れ様でした&入賞された南條さん、おめでとうございます!

打ち上げではなかなか的確な(?)突っ込みを入れながら、うまくいじられるのを回避していらっしゃいましたね。次回はokabeさんももっといじって頂けるようH様にお伝えすることにしましょう(笑)

OKABE URL 2013-06-18 Tue 21:11:55

>>かったさん
コメントありがとうございます、観戦コース、だったのでしょうか、お疲れ様でした。
ともかく同時優勝ですね、是非宜しくお願いします♪

>>SCC渉外様
コメントありがとうございます、工作員コースお疲れ様でした。
次回はまたすぐのようですが、渉外だけにどんな情報操作をされ、いかにいじりを回避されつつ、他の方をいじるように仕向けられるのか期待しております♪

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/160-14ba6740
Listed below are links to weblogs that reference
2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~ from Keio University Chess Club

Home > Tournament > 2013.06.15-16全日本快速選手権report ~一喜一憂時々下剋上~

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。