Home > Tournament > 2013/3/13・14 全日本百傑戦

2013/3/13・14 全日本百傑戦

  • Posted by: MIENO
  • 2013-03-24 Sun 21:30:26
  • Tournament
  • Edit
3月16、17日に全日本百傑選手権が蒲田の大田区民センターで開催されました。
私の参加した2日コースは、60名以上の参加があり、大盛況でした。
私の対局を一部取り上げ、大会を振り返りたいと思います。
(写真を撮っていない点はご容赦くださいorz)
私は長時間のチェスがチーム戦以来だったため、うまく時間配分ができるように対局に向かいました。

1R:B/1107 /WIN / Grunfeld
2R:W/1842/ WIN / Sicilian (Accelerated Dragon)
3R:B/2364/LOSE/ Sicilian (Accelerated Dragon)
4R:W/1898/ WIN / Ruy Lovez(Zaitsev Variation)
5R:B/1769/DRAW/ Trompowsky Attack (1.d4 Nf6 2.Bg5)
6R:B/1878/LOSE/ English (Symmetry)

以上より、私は計3.5 ptで終わりました。後半で失速したのが大きな反省点で非常に悔しいです。
4Rの局面を一部紹介させていただきます。

【図 1】


図1は、20.Nc3 の局面です。
本譜はBc6への展開をしようと考え、 20...Bd7?! と指しましたが少し損をしました。
21.Nc4 Rc5 22.Ne5 とテンポよく好位置に入られるため、良くありませんでした。

①代えて、20...Be6 の方が手堅かったようです。
20...Be6 21.a3 0-0 が一例で、
難しいながらも黒はf6からビショップをf6に置く構想があるため方針は立てやすいでしょう。
また、白のNc4やNd5を防いでいるのため、aファイルのルックを動かしやすくなるはずです。

②フリッツは、20...0-0 を推奨しています。
20...0-0 21.a3 Rd8 22.e4 Be6が一例で、①で起こりうる Nf3→Kd2という白の手順を牽制しています。

ドローで終わったのは幸いでしたが、ポジショナルプレイの難しさを実感しました。

全日本の出場権を獲得された方々はおめでとうございます。
当CCから今回の大会で新たに、2年の古谷が出場権を獲得しました。

また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

KUCC 新2年 Mieno

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/147-8295730e
Listed below are links to weblogs that reference
2013/3/13・14 全日本百傑戦 from Keio University Chess Club

Home > Tournament > 2013/3/13・14 全日本百傑戦

Return to page top