Home > スポンサー広告 > 2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/131-bb6038ba
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Keio University Chess Club

Home > スポンサー広告 > 2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ

Home > Event > 2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ

2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ

  • Posted by: OKABE
  • 2012-11-28 Wed 00:45:37
  • Event
  • Edit
今年の三田祭副担当だった岡部です。
写真(※所々質が低いですが御勘弁ください。)が大量にあるので、今年の第54回三田祭と、25日にお邪魔した第63回駒場祭の模様を報告いたします。
最後に代替わりのお知らせもあり、長駄文となっておりますが、最後までお付き合い下さい。

---

ではまずは三田祭の様子からです。

・11/20午後(火:準備日初日)
パネルの搬入や、机・椅子の配置などをした後、ポスターの印刷や内装の計画、ルールブックの製本を主に行いました。
なお申し訳ございませんがこの日の写真はございません。

・11/21(水:準備日2日目)
本格的に内装や展示の準備を行いました。





金銀製チェスセットも準備完了です。↓


ポスターも教室付近には大量に貼ってみました。↓



以上、途中自分は抜けましたが、17時頃に準備は完成しまして、翌日の開店を待つばかりになりました。
準備に参加された皆様、ありがとうございました。

・11/22(木:本祭初日)
10時の開店と同時に、早速上智大学Sophia Chess Circleさんから、チェス界の誇る菜食主義者(予定)さんがお見えになりました♪


続いて午後には駒場祭の準備を終えた東京大学チェスサークルの皆さんがいらっしゃいました。





更には定期試験を終えた筑波大学チェスサークルCafé Rejansuの方もいらっしゃり、東大CC代表さんと筑東戦も行われました。



結局この日は平日で、あまり多くのお客様がお見えになりませんでしたが、じっくり丁寧に対応できました。
また参加者が三田祭を楽しめたので、それも良かったのではないでしょうか。
もっとも売り上げは最低を更新しましたが、目的は大収益を上げることではなくて、チェスの普及なので多分全く問題ございません。

・11/23(金・祝:本祭2日目)
祝日ということで、賑わいが期待される中、同じ教室ではす向かいに出展されていたサークルさんが臨時休業されていました。
が、当チェスクラブは気にせず開店いたしました。
むしろ休業してはチェスの普及に悪影響が及びます。

まずは毎年恒例の何かが現れやがりました。↓


 
ふなさんも大喜びだった(?)ので良いと思います。↓



これは余興として、


初めて松さんとKARAさん(稲荷寿司御馳走様でした&駒場祭を午前お休みされてまでわざわざありがとうございました。)の対局が実現しました。

そんなこんなで実に良い感じで繁盛しておりました。↓




以上、祝日とのことで、だいぶお客様もいらっしゃった1日でした。

・11/24(土:本祭3日目)
この日からは三田祭担当の早坂くんに指揮を任せ、自分は盤やサポートに回りました。
土曜日はお仕事や学校の関係か、少しお客様は少ないようです。





そういえば自分の入っているフットサルサークルの後輩たちが三田祭で焼きそばを売っているとのことで、お昼に買いに行きました。
一応ユニフォームを着て行ったのですが、後輩たちは誰もユニフォームを着ておらず、見事に肩透かしを食らいました。
部員割引もなく、同様に肩透かしを食らいました。
でも1皿250円って三田祭にしては安いですよね。
2皿でも500円、ワンコインでございます。
来年も出してもらいたいところです。

話はチェスに戻りまして、片付け後には遊びに来て下さった東北大学の三村様、上智大学OBの太田様と夕食をご一緒させていただきました。





お店は三田にあるインド料理屋「RHYNES INDIA 田町店」さんでした。
個人的には夜は初めて行ったのですが、お昼より安く済んでしまうとは意外でした。
(※お昼は760円くらいで、ナンとライスがお代わり自由です。)
味は皆さん大層ご満足で、慶應CC御用達にするとか代表は言ってましたが、まぁ、今度皆さんで行きますか?
ちなみに太田様に「こんなに良いお店を何故早く教えなかったんだ」と始終脅され訊ねられましたが、えーっと、何故でしたっけ。(をい)

・11/25(日:本祭最終日+片付け日)
この日は来年を見据えて三田祭は後輩たちに任せたので、自分は片付けの時間まで、東大CCさんの出展された駒場祭にお邪魔してまいりました。
やはり当大学のクラッチバッグを抱えて突撃してまいりました。
そういうわけで、自分は三田祭ではなくて駒場祭におり、東大CCさんのブログでも突っ込まれたのですが、まずは駒場祭の模様をお伝えします。

東大CCさんが出展されている153教室は、当大学では第1校舎の5階の意味なので、5階まで登ろうと中央階段を2階まで上がると早くも2階で階段が封鎖されていました。
そこで大人しく無料(!)のパンフレット(※三田祭パンフレットは100円になります。)を開いたところで、153教室が2階にあることが判明しました。
実に分かりづらいかは評価が分かれると思いますが、各大学はどうなっているのか気になりますね。

ともかく目指す153教室に到着しました。↓


教室内では囲碁サークルさん、オセロサークルさんに挟まれて、東大CCの皆様が盤を並べていらっしゃいました。


時間が進むにつれ、お客様がどんどんご来場されました。


かなりの時間、待ちが出ていましたが、とりあえず小学生が多かったですね。
一時全ての盤を占拠していたのではと思えるくらい多かったです。
小学生は三田祭ではあまり見なかったので、かなり意外でした。

更には筑波大学CC CRの皆様もいらっしゃいましたが、満席ですぐには座れませんでした。


加えて当チェスクラブOBのあの方もいらっしゃいました。↓


「当然三田祭はいらっしゃいましたよね?」と伺ったところ、「そんなものは存在しなかった」とのことでした。
でもある程度チェスの指せる小学生への指導がとても参考になりました。
特に検討戦で「何でも気が付いた点を言ってごらん、大人でも間違えることがあるから」と、仰ることが流石すぎます。
確かに世界チャンピオンでも間違えることがありますものね、偉大なOB様でございます。

そんな中自分は東大CCさんの邪魔お手伝いをしておりました。
お客様の座る側が黒(後手)になっているのを指摘したり、色のチョイスの際に「あれ、部員は黒じゃないんですか?」と煽ったり(こら)、三田祭のノリで「チェスいかがすか~?」とか「ルール御存知でなくても大丈夫で~す。」とか声を出してましたけど、よく考えたら展示なら売上を伸ばす必要がないので、声も出さなくて好いのではと自重しました。
あとは将棋サークルさんが出展されていなかったので、「将棋ありませんか?」と訊かれた方には「慶應の三田祭なら将棋の出展あるんですけどね」だなんて妙なステルス・マーケティングもしとりました。
また一時外部の人が手伝いに入りすぎて、東大CCの方がどなたも盤に入っていない不思議な事態も発生しましたが、むしろ東大CCの皆様が休憩を取れたので結果的に良かったことにしましょう。

そのうち無事17時を迎えて駒場祭は終了となりましたが、自分は筑波CC CRの皆様も強引にお連れして三田祭の片付けへ向かいました。
駒場キャンパスを17:10頃に出て、小走りも交えながら、17:50前に三田祭に到着しました。
筑波CC CRの皆様と三田キャンパス内で一旦離れてしまうなど、慌ただしい移動ですみませんでした。

そして辿り着いた出店場所には、東大CC常連のある方がいらっしゃいました。
せっかくなのでその方に筑波CC CRの皆様×慶應CCな集合写真を撮っていただきました♪↓


この時に他サークルとの片付けの話し合いで早坂くんが抜けていたので、もう1枚お付き合いいただきました。↓


どちらにしても片付け途中で、やや乱雑なのはご愛嬌です。

そして去年より速いペースで片付けが進み、無事元通りの131-B教室になりました。↓


以上、三田祭とちょこっと駒場祭な模様をお伝えいたしました。
来年へ巧く繋げてくれればと思います。

個人的には去年よりお客様と指す機会が多くなりましたが、いかに勝っていただくかは難しいところですね。
とりあえずノータイムで指すことによって、ピースを自然に差し上げるのは簡単なのですが、1手メイトを見逃されて探していただいたり、何故かこちらのポーンがあっさり昇格して勝ってしまったり、実に難しいものです。
てか他の部員や東大CCの皆さんはしっかり考えて指しておられましたが、やはり全力でお相手すべきだったのでしょうか?
何が正解かはよく分かりませんが、またの機会に頑張ります。

では最後になりますが、三田祭に、そして当チェスクラブの企画にご来場いただいた全ての方に厚くお礼申し上げます。
来年も部員一同頑張って出展いたしますので、どうぞご来店くださいませ。
今後とも慶應義塾大学チェスクラブを宜しくお願い申し上げます。

---

続いて打ち上げの模様もお伝えさせていただきます。
(ここまでだいぶ長くなっておりますが、もう少々お付き合いください。)

面倒な課題を残しているので写真は後にまとめ、東大CCさんに倣い、箇条書きでハイライトしてみます。
・JRで新橋と見せかけて内幸町へ向かうため、まさかの三田線移動。
・内幸町で参加者2名を回収。
・ジャパンオープンを終えた中村尚広先輩がお客様2名を連れていらっしゃるそうで暫くお店で待機。
・なぜか下座に座った当時の代表と新代表。
・写真写りを拒む2人。
・当時の代表:「自分の座る場所が上座だ」との迷名言。
・お客様2名はまさかの日本チャンピオン様と寿様。
・開宴。
・しゃぶしゃぶともつ鍋食べ放題+飲み放題。
・胡麻だれとポン酢は各100円/杯。
・テーブル毎に違い過ぎる温度。
・安心のどんたさん。
・ジャパンオープン反省会。
・ちょこちょこ座席移動。
・残り30分の時に駒場でお会いしたあのOB様が東大CCさんの打ち上げを終えてご来店。
・どうやら東大CCさんの打ち上げは片付け後に決まったため、日本チャンピオン様はご存じなかった模様。
・4人中3人がJCAレート2000を超えるびっくりテーブル発生。
・何故か手掴みでしゃぶしゃぶを召しあがった寿様。
・終宴。
・いつも通り自分はアルコール0。
・当時の代表の挨拶。
・一本締めを図るもあのOB様のお力により未遂で終了☆
こんな感じでした。

以下少々写真です。↓








以上、打ち上げの様子をお伝えしました。
参加者の皆様、お疲れ様でした。

---

ここで一旦解散となりましたが、去年に引き続き、今年も2次会はカラオケになりました。
半分ほどの9名が参加しました。

とりあえず、

こちらはチェスです。

同様に、

こちらもチェスです。

しかしこの間では、

全く異なるテンションの部員がおりました。

マイクを押し付け合ったり、



休憩中にチェスをしたり、

と、まぁ、思い思いの時間を過ごしました。

大まかな分類としては、
・適宜寝ながらチェスをする3名
・共通に知っている歌を大量に放り込みながら大合唱する5名
・誰得な曲を放り込みながらこのブログを作る1名
に分かれていました。

こんな2次会を終えて29時でしたので、「麻雀行く」と抜かす輩もおりましたが、 全員帰宅の途に着きました。
ここまで参加した皆様は大変お疲れ様でした。

---

以上で三田祭関連の報告を終わりですが、今年の三田祭終了を以て、当チェスクラブは代替わりをいたしました♪

新しい役職と担当・副担当は以下の通りです。(※学年は今年度です。)
代表:足立(理2)
会計:古谷(文2)
日吉代表:吉木(法法1)
新歓:小林(理1)、千住(法法1)
合宿:小林(理1)、吉木(法法1)
三田祭:古谷(文2)※仮、早坂(文2)+三田勢
IT・ブログ:植木(理2)、勝田(理3)
会計監査:中村友(理2)
OB・OG会担当:三重野(法政1)、岡部(文3)

新代表の足立くんの下、部員一同精進して参りますので、引き続き、そして今後とも、慶應義塾大学チェスクラブをどうぞ宜しくお願いいたします。

では最後までお付き合いありがとうございました、長駄文失礼しました。
m(. .)m

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/131-bb6038ba
Listed below are links to weblogs that reference
2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ from Keio University Chess Club

Home > Event > 2012/11/20-25第54回三田祭&11/25第63回駒場祭report+代替わりのお知らせ

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。