Home > Event > 2012/09/28&29 Almiraさんによる同時対局&Check Mate at Tokyo

2012/09/28&29 Almiraさんによる同時対局&Check Mate at Tokyo

  • Posted by: KOBAYASHI
  • 2012-10-04 Thu 00:44:46
  • Event
  • Edit
9/29(土)上智大学にてフランス女子チャンピオンのAlmiraさんによる同時対局に参加し、また翌30日には渋谷ヒカリエで行われたCheck Mate at Tokyoを観戦してきました。
まず29日の試合の方を載せます。

Skripchenko,A - Kobayashi,A [C58]
1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bc4 Nf6

普段はItalianにたいしてはBc5でかえすのですが、右の方でふたりほど4.b4
(Evans gambit)を指されているのを見て同じ局面にするのは面白くないと思い
Two Nights を選択。←多分黒でもつのは6年ぶり?

4.Ng5 d5 5.exd5 Na5 6.Bb5+ c6 7.dxc6 bxc6 8.Bd3?!

dポーンの突きを遅らせる代わりにe4のマスを確保する手。普通はBe2、自分がたまに指すのがQf3でこのラインはほぼ無知

8...Bc5 9.O-O O-O 10.Nc3 Bb6 11.Qf3 h6 12.Nge4 Nd5 13.Ng3 [13.b4! Nxb4 14.Ba3] 13...f5!




途中白のピースの展開を許し白よしとなりますが、白のピースが集まっている3段目に対してのカウンターサクリファイス!
このサクリファイスによってルークと白マスビショップをアクティブにし相手のピースを不安定にします。
このような手は普通の試合でも嫌な手なのに、同時対局のような忙しい試合ではかなり酷な手であったと思います。


14.Nxf5 Qf6? [14...Nf4] 15.b4? [15.Ne3!±]

14手目のQf6は 15.Nxd5 xd5 16.Qxd5+ Be6! とd5の弱いマスにいるナイトを取られないようにするための手でしたが、15.Ne3 でその脆いナイトを狙いながらクイーン交換を迫られていたら白良しでした。
代わりに 14...Nf4 で脆いナイトを逃がしながら、相手のクイーンの縦の効きを消しさらにビショップを狙う手が後々考えると合理的で美しい手でした。
しかしAlmiraさんも疲れていたのか長考した末に 15.b4? とミスが出ます。

15...Nxb4

カウンター前ならたしかにc1の使えていないビショップを使うb4は強力ですが、すでに白のピースは不安定なので簡単に黒が主導権を握れます。

16.Ba3 Nxd3 17.Bxf8 Qxf5 18.Qxf5 Bxf5 19.Bd6 Rd8 20.Be7 Rd7 21.Ba3 Nf4 22.Na4 Rxd2 23.Nxb6 axb6 24.Rad1 Rxc2 25.Rd8+ Kh7 26.h3 c5 27.Rf8 Be6 28.Bc1 Ne2+ 0-1

試合内容としては試合直後はうまくカウンターをいれることができたと思っていましたが、検討をしてみるとまだまだ自分自身ぬるい手も多く一手の違いで勝敗は違っていたと思います。
28手と周りが続けている中の一番に勝ち星を挙げることができ、また印象に残ったゲームにも選ばれたので大変光栄に思いました。

この日慶應からは自分だけの参加となりましたが、全体的に参加者の年齢層は大部分が大学生と若くまた女性の方も多く来られていて、自分だけでなくみなさんにとって大変有意義な経験になったと思っています。
このような場を提供して下さったAlmiraさん、また運営の馬場さん、太田さんに感謝したいと思います。ありがとうございました。


続いて翌30日に渋谷ヒカリエで行われたCheck Mate at Tokyoについて(棋譜解説などは他のサイトでされていると思いますので省いて書きます)

この日は台風接近の中プロ将棋棋士の羽生善治さんとAlmiraさんの対戦を一目見ようと大勢のギャラリーのかたが来られました。
またこの日のイベントはスカパー!にてテレビ生中継と日本チェス界初めての試みも行われました。

試合は2局30分指し切りで、短い時間の中両者一歩も引かない内容の深いゲームで途中チャンスが訪れる場面もありましたが時間のプレシャーもあり2局ともドローとなりました。
特に2局目のAlmiraさんの21手目の勝負手が印象的でトッププロのすごさを感じました。

試合後は先輩の岡部さんと一緒に羽生さんとAlmiraさんのサインを貰おうとしていました(笑)
(自分は結局Almiraさんの方しか貰わず羽生さんからは逃げてしまいました)
食事後電車で帰宅することができたもののあと1時間遅れてたら台風の影響で運休になっていたのでかなり危ないところでした。

イベント全体としては、当初解説や中継においてごたごたなどがあったようですが、結果的にはとてもうまくいっていたと思います。
このようなすばらしいイベントを開いて下さった羽生さん、Almiraさん、また司会解説者の方々、企画運営の方々にこの場を借りてお礼申し上げたいと思います。




「おまけ」


Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://keiochess.blog130.fc2.com/tb.php/125-19bf2a4c
Listed below are links to weblogs that reference
2012/09/28&29 Almiraさんによる同時対局&Check Mate at Tokyo from Keio University Chess Club

Home > Event > 2012/09/28&29 Almiraさんによる同時対局&Check Mate at Tokyo

Return to page top